CATEGORY

未分類

弁理士が教える規格とは!規格と基準って何が違うの?わかりやすく解説

私たちの暮らしの中には「規格」が密接に関わっています。スマートフォンやPCを始めとする電子機器、デスクに常備している文房具、生活や仕事の基盤となる自宅や職場、商業施設などの建造物──こうした一つひとつの製品や、製品を製造・管理する過程にはさまざまな「規格」が存在するのです。

【弁理士監修】標準化ってどうやるの?基本の流れ・ルールをわかりやすく解説

標準化に興味がある!でも、そもそも方法を知らない。ルールもよくわからない。この記事では、そんな方に向けて標準化の方法や対象となる案件について解説します。 標準化の流れ 標準化は4つのサイクルを回すことで成り立っています。まずは「規格の制定」、次に「規格の実施」、そして「規格の評価」と「規格の見直し」。これを経て再び「規格の制定(および改訂)」へと再び繋げていけるように、4つの過程からなるサイクルを […]

標準化の専門家2人が対談!知らない損する?!今からでも間に合う標準化(後編)

ー前回は、標準化は身近なところにあるということを具体例を交えて教えていただきました。今回は、実際に標準化していく時のポイントや日本知財標準事務所がどのような役割を担っているかをお聞きしていきます。 ▼前編をまだ読んでない方はこちらから 標準化の最重要ポイント ー大成プラスさんのように”モノづくりメーカーからISOの規格を作った”とか、あるいは”仲間づくりをする”、”ユーザーを巻き込む”といった先例 […]

標準化の専門家2人が対談!知らない損する?!今からでも間に合う標準化(前編)

「標準化って聞いたことはあるけどそんな簡単なものじゃないでしょ?」「標準化できること、できる人ってどんな人なの?」という標準化についてのリアルな現状を、今日はインタビューという形で日本知財標準事務所の齋藤さんと藤代さんにお聞きしていきます。 標準化は他人事? ーこのサイトをご覧になっている方は標準化に少なからず興味をお持ちだと思うのですが、標準化を自分事としてとらえている方はそう多くはないと思いま […]

ビジネスチャンスは今!コロナ禍で急成長するデリバリー飲食ビジネス

今なお続く新型コロナウイルスの猛威。コロナ禍の影響で人々の生活は一変し、緊急事態宣言下では多くの企業や商店が休業を余儀なくされています。中でも大きな打撃を受けている業種の一つが外食業。営業時間や酒類の提供、店内へ一度に収容できる人数などに制限があり、以前と異なる営業形態を模索している事業者が多く見られます。

オープン・クローズ戦略とは?インテル・トヨタから学ぶ事業成功の秘訣!

特許権をはじめとする知的財産権。出願から登録まで多様な手続きや期間を要しますが、これらは決して権利を取得することがゴールではありません。知的財産とは企業の永続的な維持と発展に向け、どのような知財戦略を策定・実行していくかが重要であり、この動きが企業の未来を左右すると言っても過言ではないのです。

理想のルールメーカーとは?アフターコロナを勝ち抜く企業戦略を解説

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、世界中のビジネスは大きな変革が求められています。世界各国で呼びかけられるロックダウンや外出自粛は人々の働き方やライフスタイ.0ルを大きく変化させました。ビジネスにおいても従来の事業形態では立ち行かなくなり、規模の大小を問わず多数の企業が倒産や経営危機に陥っています。